ストレートネックはカラダに影響を与えます。ストレートネックを矯正するための有効なエクササイズを紹介します。

 ストレートネックとは、本来、前方に緩やかに湾曲していて(S字状)、頭の重さを分散させている頚椎(首の骨)が、湾曲が失われてまっすぐになった状態で、新たな現代病といわれています。

ストレートネックのレントゲン写真

 いろんなところで紹介されていますが、かかと、お尻、肩、を壁に付けた状態で、頭の後ろ(後頭部)も壁に付くかどうか、でチェックできます。

ストレートネックのチェック

 頭を後ろに反らすのではなく、力まずに、視線はまっすぐの状態で壁に付くかをチェックしてください。
 着かない、または着くとしてもアゴを強く引いて力が入ったいる、という方も多いのではないかと思います。

 この【ストレートネックはエクササイズで矯正!!】では、ストレートネックを矯正するために有効なエクササイズを紹介しますが、その前に、まずはストレートネック全般について説明します。なぜなら、ストレートネックというものを理解することで、対処方法の理解も深まると思うからです。

 それでは、ストレートネックについて、順番に説明していきます。

目次


 

1. ストレートネックの原因

 現代の生活にはなくてはならないモノとなったスマホやパソコン。スマホに触る時間もドンドン長い時間になっています。職場ではパソコンを使うことも多いと思います。

 パソコン、スマホの利用するときには、首を下に向ける姿勢、”うつむき姿勢”になっています。
 頭は約6kgの重さがありますが、これが傾くと首にかかる重さはさらに大きくなります。たとえば、30度傾けると、首にかかる重さは約3倍の20kgにもなるといわれています。
 この重さが首に大きな負担となり、それによって首が筋肉硬直(男性より首の筋肉が弱い女性には特に影響が大きい)を起こし、首の骨(頚椎)がまっすぐになる、これがストレートネックの大きな原因のひとつです。

ストレートネックの原因となる姿勢2

 『ストレートネックの原因』をまとめると次のようになります。

   ・スマホ、パソコンを長時間、利用する
        ↓
   ・”うつむき姿勢”を長時間、続ける
        ↓
   ・首に大きな負担がかかる
        ↓
   ・首の筋肉が硬直する
        ↓
   ・首の骨がまっすぐになる=ストレートネック


 

2. ストレートネックによる影響

 ストレートネックで頚椎がまっすぐな状態になると、本来、首がもっているバネの効果が失われることになり、そのことで首、肩、骨、神経などに必要以上の負荷がかかる状態になります。

ストレートネックの影響

 一方、首は脳の一部であり、首の骨は自律神経の通り道となっています。自律神経は、脳や脊柱から各臓器に連絡して、身体中に細かい神経のネットワークをつくり、内臓、血管、分泌腺などに分布生命維持のための生理機能を調整しています。

 首周辺に必要以上の負荷がかかることで、この自律神経に大きな影響をおよぼしている(自律神経の中で、緊張状態で働く交感神経が強く、リラックス状態で働く副交感神経が弱い状態になる)、といわれています。

 

 『ストレートネックの影響』をまとめると次のようになります。

   ・ストレートネックになる
        ↓
   ・首の負荷が大きくなる  ・首は神経の通り道
        ↓           ↓
   ・自律神経に影響をおよぼす可能性がある
      = 自律神経失調症になる可能性がある


 

3. ストレートネックによる具体的な症状

 自律神経のバランスが崩れる、いわゆる自律神経失調症では、動悸、めまい、息切れ、手足の冷え、全身倦怠、頭痛、首コリ、肩こり、不眠、イライラ感、などなど様々な症状が現れます。

 女性は男性に比べて首の筋肉が弱いため、ストレートネックの影響を受けやすく、発症も多い、といわれています。

 
 自律神経失調症による具体的な自覚症状は以下のようなものがあります。

  ストレートネックの症状
   ・首が痛い、重い、首が張る。
   ・肩がこる。

   ・目が見えにくい。像がぼやける。まぶしい。
   ・目が疲れやすい、痛い。
   ・目が乾燥する。涙が出すぎる。

   ・口内が乾く、つばが出ない。
   ・胃腸が弱い(下痢、便秘、食欲不振、腹痛)。
   ・吐き気がする。

   ・頭がのぼせる。手足が冷たい。
   ・胸部が痛い。胸部圧迫感がある。胸がしびれる。

   ・風邪をひきやすい。
   ・微熱がある。
   ・ふらっとする。めまいがする。
   ・寝つきが悪い。夜中に目が覚める。
   ・血圧が不安定である。
   ・汗が出やすい。
   ・安静にしているのに心臓がドキドキする。
   ・疲れやすい。全身がだるい。

   ・気分が落ち込む。意欲が湧かない。
   ・集中力が低下する。
   ・根気がなく、仕事や勉強が続けられない。
   ・イライラする。焦燥感がある。

 ストレートネックになると、上記のような自律神経失調症の症状が出ることがあります。
 逆に言えば、上記の症状がある場合、その原因がストレートネックによる可能性がるある、ということも言えることになります。


 

4. ストレートネックを予防、改善する方法

 何より、スマホ、パソコンなどの長時間の使用を避け、”うつむき姿勢”を続けることはやめましょう。15分に1回30秒の休憩タイムを取りいれるのがおススメです。
 その他に入浴、枕にも注意することで、ストレートネックの予防、改善につなげられます。

 (1)首のストレッチ;

 イスの背もたれに寄りかかり、首と頭の境界あたりに両手をあてて、顎をあげて上を見るようにすることで首の後ろの筋肉を緩めまることができます。休憩タイムに実施すると効果的です。

 余裕があれば、目をグルグル右回転、左回転させてる目の体操も一緒にできれば良いです。眼精疲労は副交感神経の疲労でもあるので、それを解消することができます。
 
 (2)首の筋肉を強化する;

 首の筋肉を強化することで、自律神経への圧迫を軽減することができます。首回し(左右に360°回転)、振返り(左右に水平に回す)、をはじめとして、首の筋トレも取り入れてみてください。

 (3)首の血行を良くする;

 入浴は、シャワーではなく、湯舟に首まで浸かりましょう。首の血行を良くすることで、首こり予防の効果が高まります。

 (4)首に負担をかけない枕の使用;
 
 首に負担をかけないように、首のS字状態を保つような枕を使用しましょう。高過ぎる枕は、”うつむき姿勢”で寝ているようなものですし、低過ぎる枕は、首のS字をキープする補助をしてくれません。
 自分にあった高さで、かつ、首の負担が軽い枕を選びましょう。


 

5. ストレートネックを矯正するエクササイズ

 ストレートネックを矯正するためにおススメするのが、【スローコア ピロー】を使ったエクササイズ、【スローコア エクササイズ】です。

スローコアピロー

 大学教授陣による監修や、治療院による現場活用などから、独自開発した『ストレートネック矯正枕【スローコア ピロー】』+『矯正メソッド【スローコア エクササイズ】』という、これまでにない矯正方法として誕生しました。
 ただ寝るだけではなく枕を使ったエクササイズで、ストレートネックを無理なく、ぶり返すことなく、矯正するものです。

スローコアエクササイズ

 

 【スローコア】は、ストレートネックだけでなく、以下のような目的、対象の方にも、有効となることを目指して開発されました。

 (1).障害予防と回復
 [対象] 慢性的な痛みや不具合からの回復、再発防止、予防を目的とされる方
 ⇒ 首、頭、肩、背中、腰、膝の痛みなど、体に関する不具合の解消。いわゆる国民病とも言われる腰痛、肩こり、頭痛を始めとする代表的な身体の痛み、その他神経痛、関節痛などといった諸症状からの回復。さらに、その諸症状からの一時的な緩和ではなく、根本的に再発させないための積極的なリスク管理。

 (2).身体機能の強化
 [対象] 運動能力(パフォーマンス)アップを目的とされる方
 ⇒ エネルギー系もしくはサイバネティックス系体力の基礎調整。特に、身体的因子における柔軟性(タイトネス、弛緩性)、不安定性、アライメント(動的、静的)、神経系(バランス、神経筋協調性)、フォーム、動作などに対しての再教育による総合的な基礎体力の向上。

 (3).姿勢の改善
 [対象] ストレスフリーな姿勢の獲得、精神の安定を目的とされる方
 ⇒ 上記1,2を通じた、骨格と筋肉に余分な負担がかからないストレスフリーな状態へのリコンディショニング。個人に適した理想的な身体バランスの調整。身体的ストレスを解消することによる精神の安定化。

 矯正枕【スローコア ピロー】と矯正メソッドの【スローコア エクササイズ】をセットにした【スローコア フルセット】は、これまでにない新しいアプローチで、首だけでなく、カラダのゆがみを解消します。
 
 ストレートネックの方、または、それが原因と思われる症状に悩んでいる方、ぜひ【スローコア】をチェックしてみてください。

詳しい情報は、こちら ↓ ↓ ↓


Copyright© ストレートネックは枕とエクササイズで矯正 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.